高周波誘導加熱装置の設計製造で世界最先端の技術と環境対応力を持つ高周波ネッスル

高周波誘導加熱装置の高周波ネッスル、高周波誘導加熱装置技術イメージ

設計技術力と柔軟性

〜高周波誘導技術を利用していくことが環境を守る〜 

juju.jpg製造現場の環境も一切汚さず、かつ高度な制御技術を用いるため安定した加熱管理制御が可能となります。 今や高周波誘導加熱は、一般家庭の電磁調理器として使われるほどポピュラーになりつつあります。
 高周波誘導加熱は、ガスなど何らかの火力を使う直接加熱方式ではごくあたりまえだった「モノを燃焼させる」必要がなくなるため、製造現場内のほか周辺の環境も一切汚さず、かつ高度な制御技術を用いるため安定した加熱管理制御ができるところが大きな特徴です。

〜地球環境保全の決定的技術としての役割〜

高周波誘導加熱装置の最大のメリット

 高周波誘導加熱装置の最大のメリットは、対象物を外部から段階的に暖める不効率な外部加熱方式とは異なり、対象物を瞬時に加熱できるところにあります。加えて、熱を加熱対象物に直接放射しないことから有害ガスの発生を根本的に絶ってしまうことも可能です。

多角的な製造環境に秘めた先進性と可能性

 さらに加熱時の騒音発生も極めて低く、今日社会問題化しているCo2発生すら加熱時において極限まで押さえ込むなど、当社・高周波ネッスルの高周波誘導加熱装置は、地球環境の改善という多角的なテーマにおいて限りない先進性と可能性をも秘めているのです。

〜高周波誘導加熱装置の選択時には課題も〜

高周波誘導加熱の活用スタイルは無限

 モノ造りの現場のなかで、高周波誘導技術とそこから生まれた装置を応用・活用していくスタイルは実に多彩です。
 例えばその手法や工程は、一般的な「溶接」や「溶解」のほか、シャフトにリング状の物を瞬間的に固定させる「焼きばめ」「焼入れ」「はんだ付け」「誘導加熱ろう付け」など無限のスタイルがあります。

技術を選ぶことはメーカーを選ぶこと

 ただし高周波誘導技術と高周波誘導加熱装置には、利用環境のなかでひとつの課題があります。
 それは高周波誘導加熱は「対象として使える素材を選ぶ」という部分です。これを裏を返して言うと、高周波誘導加熱装置を開発・製造する高い対応力を持つメーカーを選ばなければならないということです。

〜素材を選ぶからこそ技術を選んで欲しい〜

モノ造りで多様化する素材に応えていくという志

 高周波誘導加熱可能な対象素材は、「金属素材であること」と定義されています。ただ一般的に加熱処理が容易な鉄やステンレスに比べ、アルミニウムや銅は電気抵抗が小さいため、加熱装置の開発企業に、そうした素材に対する対応技術を伴わない場合は、開発装置の設計・製造面において難航するケースがでてきます。
 しかし昨今は、製品の商品機能を高めるためレアメタルを配合するなど、単一金属でモノ造りを行うとは限らない状況にあるのが現実でしょう。

( 参考 ) 摂氏0度での各金属の電気抵抗(Ωm)

・ニクロム 107.3×10-8 Ωm
・白金 9.81×10-8 Ωm
・鉄 8.9×10-8 Ωm
・アルミニウム 2.5×10-8 Ωm
・金 2.05×10-8 Ωm
・銅 1.55×10-8 Ωm
・銀 1.47×10-8 Ωm

〜高周波誘導加熱装置のパイオニアとしてのこだわり〜

同一目的を持つ装置でも異なる製品クオリティ

 高周波ネッスルでは、金属素材を対象とする加熱処理において、永年の経験を持つエキスパートです。
 残念ながら現時点では、例え同じ高周波誘導技術に立脚した加熱装置開発であっても、開発・製造メーカーが異なれば、対応素材への柔軟性や応用力は決して同一ではないのです。

まだ見ぬ開発環境にも果敢に挑戦していく

 これまで当社が手掛け・積み上げてきた高周波誘導加熱置の開発ノウハウは、業界や対象素材こそ様々ですが、いずれも一貫して当社独自の高周波誘導技術を立脚点としています。
 今後もこの基本スタンスを不変に当社・高周波ネッスルは、高周波誘導加熱装置のパイオニアに相応しい、まだ見ぬ装置開発へと果敢に挑戦してまいります。

性能テスト装置・実験装置の緊急お貸し出し。期間限定で受付中!

 高周波ネッスルでは、導入前提の「テスト試用」や「動作・性能確認」「実験運用」「緊急時の対応」などにおいて、当社の最新鋭高周波誘導加熱装置をより手軽にお使い頂けるよう期間限定での装置お貸し出しを実施いたしております。
 ご希望になられるお客様は、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」等でご相談下さいませ。もちろん当サイトのお申し込みフォームからのお問い合せでも迅速に対応させて頂きます。

お問い合せフォームへ

高周波ネッスル「情報配信会員」鋭意募集中です!

 高周波ネッスルでは、展示会やセミナー情報、さらに最新鋭装置の技術情報など、お得意様との密なコミュニケーションを大切に致しております。当社からの情報発信量は決して多くはございませんが、自社開発装置に関わる技術情報などをお受け取りなられたいお客様は、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」当サイトの「お申し込みフォーム」から『情報配信希望』の旨、お申し出下さいませ。

お問い合せフォームへ

モノ造りサポート・コンサルティング受付・実施中です!

 高周波ネッスルでは、高周波誘導加熱技術や装置を活用されたいお客様の「モノ造りサポート」を受け付けております。
 例えば「装置を導入したいが予算が取れない」、「試作段階の為装置の導入は時期尚だ」、「現時点では設置スペースが無く装置導入は困難」など、様々なファクターでお悩みをお受けして、弊社がその解決策をご呈示いたします。
 対応も量産製品の製作から、小ロット、試作品まで幅広く、ロー付(大気中・雰囲気中・真空中)、ハンダ付け、融着、溶着等、各種用途にも対応いたします。※上記用途以外でも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 ご連絡・お問い合せは、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」当サイトの「お申し込みフォーム」いずれも歓迎致します。

お問い合せフォームへ