InductionHeatingによる高周波誘導加熱装置の最先端IH技術を信頼と実績の高周波ネッスルが解説します

高周波誘導加熱装置の高周波誘導加熱イメージ

高周波誘導加熱とは

〜高周波を使えば対象物を自在に加熱できる〜 

高周波誘導加熱装置の高周波誘導加熱イメージ高周波誘導作用は、物体そのものを自由かつ微細な温度領域にまで、自在に加熱できる画期的な技術として注目されています。 高周波誘導加熱は、文字通り電磁誘導を利用して対象物を加熱するもので、英語表記のInduction Heating を略してIHとも呼ばれています。昨今では住宅おいて設備の電化が進んだことから、電磁調理器として同加熱方式は一般家庭でも着実に普及しつつあります。

 モノ造りの現場においても、高周波誘導作用は、物体そのものを自由かつ微細な温度領域にまで、自在に加熱できる画期的な技術として注目されています。

〜対象物に非接触の状態で素早い加熱処理が行えます〜

電気による電磁誘導と鎖交磁束で加熱

 高周波誘導加熱は、コイルの電磁誘導と鎖交磁束を利用します。
その仕組みは電気のみによる誘導作用で被加熱体内にうず状の電流を発生させるところがポイント。こうして非接触状態のまま物体そのものを自由な温度領域にまで加熱していくことを可能にしています。

周辺環境からの影響を受けない安定性

 このような仕組みから当社の高周波誘導加熱装置では、モノ造り現場における製造工程全域に於いて、対象となる被加熱体の初期温度や設置した周辺環境からの制限を受けることがありません。

高周波誘導加熱の原理・図解高周波誘導加熱時の表層作用を図解表層からの電流応力の分布を図解 

〜加熱処理時の柔軟性、生産時の省力化、環境配慮に対応〜

非接触で加熱可能な高周波誘導加熱技術のイメージ磁気を介した加熱スタイルのため、対象の被加熱物体には非接触状態のままで加熱処理をおこなえます。 高周波誘導加熱は、磁気を介した加熱スタイルをとっているため、対象の被加熱物体には非接触状態のままで、自在に加熱処理をおこなえることは銅加熱技術の特筆すべき特性のひとつ。
 当社・高周波ネッスルは創業以来、高周波誘導加熱装置の専業メーカーとして、同加熱形態における効率追求を徹底的に目指してきました。そうした研究の成果が現在の開発製品に活かされています。それは当社が育んだ独自技術の結晶といえるものです。

〜無人化を達成することで設備ラインの省力化にも貢献〜

人為的な操作や動作管理は一切不要

 高周波誘導加熱技術を利用する装置。そのすべての制御動作は、電気信号を介して行われます。
そのため高周波誘導加熱装置を使う加熱加工中においては、外部からの人為的な操作や動作管理を一切必要としません。

省力化と低環境負荷で次世代を担う

 つまり高周波誘導加熱装置を利用するということは、同時に無人化運転による設備ラインの省力化にも大きく貢献することになります。高周波ネッスルの高周波誘導加熱装置の導入するということは、生産工程の省力化に大きく貢献するだけでなく、大変クリーンでかつ環境負荷が極めて低い次世代型の生産技術を取り入れるということになるのです。

〜高周波誘導加熱は現代社会になくてはならないものに〜

今や無くてはならない高周波誘導技術

 今日、高周波誘導技術は、工業製品の製造工程における加熱用途だけに止まらず、MRIなどの最先端医療や宇宙科学にも活用されています。
 その対象とする業界・業種・製品を一切問わず、今日の生産現場で高周波を自在に制御していく技術は、もはや無くてはならないものとなっています。

最先端ゆえに求められる高度な制御技術

 一方でモノ作りの工程において、生産効率を飛躍的に高める高周波誘導加熱装置の導入にあたっては、高性能な同装置ゆえに装置開発の開発技術に長けたメーカーを厳しく選択する必要があります。
 優れた高周波誘導加熱装置を選ぶということは、開発メーカーを選ぶこと。それがより良いモノ作りに加え、優れたエネルギー効率により環境への配慮をしていくことと同意語となります。最新鋭で高効率、そんな先端技術で作られた高周波誘導加熱装置。それゆえに私たちには、今日より明日、明日より未来へと、日々進化していく制御技術が求められています。 

〜優れた高周波誘導加熱装置は高度な制御技術があってこそ〜

日本の産業界を支えてきたという自負

 当社・高周波ネッスルでは、これまで培った技術ノウハウを背景に、高度な制御技術を求められるマイナス要因をクリア。製品開発現場において最新鋭の高周波誘導加熱装置を開発。
日本の産業技術をそのものを大きく発展させる原動力を担ってきました。

高周波誘導加熱装置に国際的競争力を付与

 創業以来、一貫して高周波誘導加熱技術を磨いてきた当社・高周波ネッスルは、今後も「高効率」「高精度」「省力化」「低環境負荷」など複合的に要素を伴い期待や要望が高まっていく社会への適合性に配慮。国際レベルにおいても世界に比肩する高周波誘導加熱装置を開発し世に送り出し続けています。 

性能テスト装置・実験装置の緊急お貸し出し。期間限定で受付中!

 高周波ネッスルでは、導入前提の「テスト試用」や「動作・性能確認」「実験運用」「緊急時の対応」などにおいて、当社の最新鋭高周波誘導加熱装置をより手軽にお使い頂けるよう期間限定での装置お貸し出しを実施いたしております。
 ご希望になられるお客様は、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」等でご相談下さいませ。もちろん当サイトのお申し込みフォームからのお問い合せでも迅速に対応させて頂きます。

お問い合せフォームへ

高周波ネッスル「情報配信会員」鋭意募集中です!

 高周波ネッスルでは、展示会やセミナー情報、さらに最新鋭装置の技術情報など、お得意様との密なコミュニケーションを大切に致しております。当社からの情報発信量は決して多くはございませんが、自社開発装置に関わる技術情報などをお受け取りなられたいお客様は、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」当サイトの「お申し込みフォーム」から『情報配信希望』の旨、お申し出下さいませ。

お問い合せフォームへ

モノ造りサポート・コンサルティング受付・実施中です!

 高周波ネッスルでは、高周波誘導加熱技術や装置を活用されたいお客様の「モノ造りサポート」を受け付けております。
 例えば「装置を導入したいが予算が取れない」、「試作段階の為装置の導入は時期尚だ」、「現時点では設置スペースが無く装置導入は困難」など、様々なファクターでお悩みをお受けして、弊社がその解決策をご呈示いたします。
 対応も量産製品の製作から、小ロット、試作品まで幅広く、ロー付(大気中・雰囲気中・真空中)、ハンダ付け、融着、溶着等、各種用途にも対応いたします。※上記用途以外でも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 ご連絡・お問い合せは、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」当サイトの「お申し込みフォーム」いずれも歓迎致します。

お問い合せフォームへ