高周波誘導加熱装置の即納可能、小型化技術と軽量化技術で世界最高水準の設計製作体制の高周波ネッスル

高周波誘導加熱装置の高周波ネッスル、高周波誘導加熱装置技術イメージ

小型化と早期納入の背景

〜装置の早期納入、小型化・軽量化を実現〜

高周波誘導加熱装置の高周波ネッスル高周波ネッスルははシステムの柔軟性に対する独自指針を設けており、常に積極的なシステムの改良を重ねています。 高周波ネッスルの高周波誘導加熱装置は、国内でも限られた同装置専業メーカーである当社が、自信を持って送り出している製品です。

そしてその特徴のひとつには、高周波誘導加熱装置としては群を抜いた製品の軽量さ・コンパクトさがあります。

〜高周波誘導加熱装置開発の独自指針が強み〜

常にシステムを磨き続けていく姿勢を堅持

 高周波ネッスルでは、高周波誘導加熱装置の開発にあたって、独自技術を背景とした加熱精度と加熱浸透の迅速さだけではなく、高周波誘導加熱装置の導入コストや実際の製造ライン上における使い勝手。さらにはシステムの柔軟性に対する独自指針を設けており、常に積極的なシステムの改良を重ねています。

外的環境・連続動作など複数要素を完全制御

 高周波誘導加熱装置の開発上における課題は、外的な温度上昇による環境変化や、連続動作による熱上昇要因の発生など多様です。
 当社・高周波ネッスルでは、それらのファクターを踏まえ、高周波ネッスルにおいて常に恒的な環境を維持できる制御能力の付与にも当社はこだわり続けています。

〜モノ造りで求められる諸条件に応える技術的バックボーン〜

搭載モジュールの開発力も強みのひとつ

 高周波ネッスルでは、永年培ってきたハードウェアの設計実績や技術・ノウハウを基礎に、多彩な顧客企業のご要望に沿いながら高周波誘導加熱装置の開発コストを抑え、高品質な装置の開発と提供を実現してきました。
 具体的には、生産ライン上で求められる要請や期待を細やかにくみ取り、機能別の標準的な搭載モジュール部品を事前に開発しています。

「早い・小型・軽量」が高周波ネッスルの特徴

 そうした準備を踏まえてから顧客企業のご要請を受け、各モジュールを組み合わせながらコンパクトな筐体にまとめ上げていくのです。
 こうした装置開発の手法により、高周波誘導加熱装置を製品化する際の工程を迅速・短縮化。装置そのものの小型化や軽量化と、迅速な納期を両立させています。

〜標準的仕様であれば即短期による納入も実現〜

装置開発の総合力が当社の強み

 機能別モジュールの開発力。その背景には、高周波誘導加熱装置の専業メーカーとして高周波ネッスルが培った装置製造に関わる「システムアーキテクチャ力」「加熱機能自体の独自開発技術」「組込LSIやアプリケーションソフトウエアの最適化技術」など多彩かつ広範囲な知見があります。

専業メーカーの強みが小型・迅速納入を実現

 そこから引き出される「早い、小型、軽量」は当社がモノ造りの現場へ向けて送り出す高周波誘導加熱装置の最大の特徴となっています。
 これは専業メーカーとして高周波誘導加熱装置を数多く輩出してきた高周波ネッスルだけの強みなのです。

〜今後も続く迅速納入・小型軽量への挑戦〜

ハードからシステム開発までをワンストップで

 例えば、一般的な製造工程で求められるような標準的な高周波誘導加熱機能をお探しなのであれば、ハードウェア設計から組込システム開発・納入にいたるまで、当社独自のモジュール開発力を背景に、ワンストップかつ短期間で装置開発を行い、納入することが可能です。

今後も不可能を可能にするために技術を磨く

 つまり高周波ネッスルであれば、他社では不可能とされる短納期でも優れた高周波誘導加熱装置を納入していくことが実現するのです。
 今後も当社は、高周波誘導加熱装置を一層の小型、軽量化を目指し、日夜絶え間ない研究開発を続けます。加えて下記は、目下、当社の標準設定品となっている高周波誘導加熱装置の標準的な外形寸法となります。

【装置の標準外形寸法】
形式KW
KNT4604004701KW〜10KW
KNT61050060015KW〜40KW
KNT160065068050KW〜150KW
 

迅速な装置納入・ご希望の仕様をお持ちなら

■製品に関するお問い合わせにあっては、下記フローをご参照下さいませ。

■装置導入までのフロー例

○お客様のニーズ

○仕様の確認

○高周波装置の概略算定

○仕様の設定

○(確証試験)

○見積書の提出

○最終仕様の確認

○御注文

○納入仕様の確認

○設計、製作、検査

○納入

▲このページのトップへもどる  | 問い合わせをするLinkIcon 

■高周波装置の概略算定

高周波装置の出力
誘導加熱の出力、周波数の選定には、双方が関係しますので、両方の適切な選定が重要です。

▲このページのトップへもどる  | 問い合わせをするLinkIcon 

■高周波の出力推定

ワークを昇温、させる為の正味電力量(Kw/sec)
Pa=4.186×M×C×ΔT(Kw/sec)
M:ワーク加熱部の質量(Kg)
C:ワークの比熱、(Cal/g.deg)
ΔT:目標とする温度差(deg)
高周波の必要出力(kw)
HFPa=Pa/(ηc×ηL)×K(Kw)
 
例○φ20-300LのSS丸棒を常温~500℃に10Secで昇温する場合の高周波出力は、
ηc:結合度(0.4~0.9)
ηL:伝熱効率(0.5~0.9)
K:余祐度(1.1~1.5)
①ワーク重量約0.75kg
②昇温温度(ΔT)480℃(500℃-20℃)
③比熱 0.12
 
1.正味電力量 
Pa=4.186×0.75×0.12×480=180kw/Sec
10Secで昇温する場合の高周波出力は、180kw÷10Sec=18kw
∴18kwの正味電力量が必要となります。
 
2.高周波出力
HFPa=Pa/(ηc×ηL)×K(Kw)
ηc=0.7
ηL=0.8
K=1.2
HFPa=18/0.7×0.8×1.2=38Kw
∴38Kwの高周波出力が必要となります。

▲このページのトップへもどる  | 問い合わせをするLinkIcon 

■高周波装置の周波数

2.周波数の選定
周波数によりワークへの高周波電流浸透深さが異なる為に加熱部の形状寸法、材質、目的に応じて、最適周波数を選定しなければならない。周波数選定は以下の点がポイントになります。
 
◎低周波(100Hz~5KHz位)
ワーク物が大きい又は容量がある。
加熱時間が長い
ワーク全体を均熱加熱したい。
 
◎中周波(5KHz~50KHz程度)
ワーク物が中位、又は中容量。
比較時加熱時間が長い。
ワーク全体を均熱加熱したい。
ワーク均熱精度を上げたい。(例えば500℃±10℃以下など)
比較的薄いワーク
比較的細いワーク
比較的小さいワーク
 
◎高周波(50KHz~400KHz程度)
細いワーク(φ1~φ5位)。
小さいワーク
薄いワーク(0.5t~2t位)
局所部分を加熱したい。
非磁性体。(AL、Bs、SUS)
箇所部分を加熱したい。
短時間加熱(1Sec~10Sec位)
 
◎Hi高周波(400KHz~2MHz程度)
細いワーク(φ0.5~φ2位)。
小さいワーク
薄いワーク(0.1t~1t位)
局所部分を加熱したい。
非磁性体(AL、Bs、SUS等)
短時間加熱(0.5Sec~2Sec)
 
◎特殊高周波(2MHz以上)
非常に細いワーク(φ0.1~φ1.0位)
瞬間加熱(100mSec~1Sec位)
非磁性体(AL、Bs、SUS等)
局所部分を加熱したい。 

性能テスト装置・実験装置の緊急お貸し出し。期間限定で受付中!

 高周波ネッスルでは、導入前提の「テスト試用」や「動作・性能確認」「実験運用」「緊急時の対応」などにおいて、当社の最新鋭高周波誘導加熱装置をより手軽にお使い頂けるよう期間限定での装置お貸し出しを実施いたしております。
 ご希望になられるお客様は、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」等でご相談下さいませ。もちろん当サイトのお申し込みフォームからのお問い合せでも迅速に対応させて頂きます。

お問い合せフォームへ

高周波ネッスル「情報配信会員」鋭意募集中です!

 高周波ネッスルでは、展示会やセミナー情報、さらに最新鋭装置の技術情報など、お得意様との密なコミュニケーションを大切に致しております。当社からの情報発信量は決して多くはございませんが、自社開発装置に関わる技術情報などをお受け取りなられたいお客様は、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」当サイトの「お申し込みフォーム」から『情報配信希望』の旨、お申し出下さいませ。

お問い合せフォームへ

モノ造りサポート・コンサルティング受付・実施中です!

 高周波ネッスルでは、高周波誘導加熱技術や装置を活用されたいお客様の「モノ造りサポート」を受け付けております。
 例えば「装置を導入したいが予算が取れない」、「試作段階の為装置の導入は時期尚だ」、「現時点では設置スペースが無く装置導入は困難」など、様々なファクターでお悩みをお受けして、弊社がその解決策をご呈示いたします。
 対応も量産製品の製作から、小ロット、試作品まで幅広く、ロー付(大気中・雰囲気中・真空中)、ハンダ付け、融着、溶着等、各種用途にも対応いたします。※上記用途以外でも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 ご連絡・お問い合せは、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」当サイトの「お申し込みフォーム」いずれも歓迎致します。

お問い合せフォームへ