高周波誘導加熱装置専業メーカーへのQ&A、高周波ネッスルへの良くある質問とその回答

高周波誘導加熱装置の高周波ネッスル

Q&A

よくある質問とその回答

当社にお寄せ頂いた、よくあるご質問とその回答を公開致しております。新たな疑問・お問い合わせも鋭意お受けいたしております。商品について気になること、当店のシステムに関してお知りになりたいこと等があれば、是非、ご意見をお聞かせ下さい。

・高周波って何ですか?

 高周波は電磁波の仲間である電波のことです。 電磁波は周波数の高いものから、X線やγ(ガンマ)線などの放射線。可視光線や赤外線などの光線。 電波、低周波電磁界に大別されます。

 さらに電波は長波・中波・短波・極超短波などに分かれます。 電波はテレビ・ラジオ・携帯電話などの通信に使われたり、電子レンジなどの加熱に使われています。

▲このページのトップへもどる  | 問い合わせをするLinkIcon

・マイクロ波と高周波の違いは?

 マイクロ波も高周波も電波の中のある特定の周波数帯のことです。 双方共に高域周波数のため高周波と呼ぶ場合があります。マイクロ波の周波数は300MHz~300GHz、高周波は1KHz~3MHzで、 マイクロ波の方が高周波より少し周波数が高いのが特徴です。

 どちらも通信や加熱などに広く利用されています。一般にマイクロ波は比較的断面サイズの小さいもの、形状の不定形なものの加熱に。 高周波は断面サイズの大きなもの、長いものの加熱に使われています。

▲このページのトップへもどる  | 問い合わせをするLinkIcon

・なぜ、高周波やマイクロ波で物が加熱されるのですか?

 加熱の原理は電界エネルギー→分子の振動回転→摩擦エネルギー→誘電体物質の温度上昇→加熱という流れになります。ただし何でも誘電加熱できるわけではありません。

 基本的に金属類は加熱できません。セラミックやテフロンなどのプラスチックの一部もあまり加熱には適しません。 反対に水や食品や木材などは加熱され易く高周波やマイクロ波加熱がよく使われています。

▲このページのトップへもどる  | 問い合わせをするLinkIcon

・なぜ高周波で物が加熱されるのですか?

 誘導加熱は主に金属の熱加工、熱処理、溶解の分野で広く利用されています。またカーボンやステンレスなどの容器を誘導加熱することによって容器内部に入れた電気絶縁物である石油化学製品、石英ガラスなど導電性物質でないものも加熱溶解する関節加熱方式にも応用されています。

 誘導加熱技術はさらに宇宙での新素材開発における利用など多彩な産業分野で活用される可能性が広がっています。

▲このページのトップへもどる  | 問い合わせをするLinkIcon

・加熱装置の各シリーズと仕様、サイズを知りたい

 当社・高周波ネッスルが設計・開発している加熱装置のシリーズは、以下の仕様・サイズの組み合わせがあります。

【各種加熱装置のシリーズ別仕様】
シリーズ主スイッチング素子大きさ水量周波数域特徴
KNTBトランジスターIGBTやや小型やや少ない500HZ〜150HZ一般的で使用し易い装置
KNTMトランジスターM0SFETやや小型やや少ない500HZ〜600KHZ比較的高い周波数で価格も蛇若干高額になる
KNTGトランジスターIGBTが主小型電源は水冷型方式20HZ〜50KHZ比較的安価であるものの使用環境は限定的
KNTSMトランジスタースーパーM06FET非常に小型非常に少ない500HZ〜2MHZ小さい部品のロー付溶解等に使用される
KNV真空管やや大型やや多い20KHZ〜40MHZ形は大きいがどのような用途にも使用できる
特注混合 --- --- --- --- ---

・高周波誘導加熱装置の特徴とシリーズ別の適した用途は?

 高周波誘導加熱装置の特徴は下記の通りです。また当社開発製品のシリーズ別分類は以下の図をご参照下さい。

・1・瞬間加熱ができる・局部加熱ができる・2・均一加熱ができる・3・クリーン加熱ができる・4・表面のみの加熱ができる・5・自動化が容易・7・小型・軽量である(トランジスター方式)・8・回路電圧が低く安全である(トランジスター方式)・9・返還効率が高く抜群の省電力タイプである(トランジスター方式)・10・既設の電子管式加熱装置からの置き換えが可能である(トランジスター方式)

【高周波誘導加熱装置のシリーズ別仕様】
用途内容シリーズ
HNTBKNTMKNTGKNTSMKNV
ろう付金属製品の銀ろう、銅ろう他すべての硬ろう付きの自動化に最適
半田付電子部品、家電部品、計測器部品、自動車部品等の半田付作業に最適
焼入自動車部品、精密機械部品等の焼入処理に、小物から大物まで適用
焼鈍電線、ステンレスパイプ等の焼鈍やプレス加工品の絞り・曲げ加工の前処理
ビレットヒーター鍛造・押出成形加工の合理化や品質向上
溶接・鍛接電縫管・ファインチューブの連続溶接、フープ材・コアー材の溶接
熔解鉄鋼溶解・貴金属溶解・遠心鋳造新素材の真空溶解
焼鈍コンプレッサ等のロータやシャフト・ベアリング等の焼鈍加熱
熔着製缶接着、食品キャップシール、ラミネートチューブシール、スピーカー接着、乾燥押出モール接着
ボンバータ電子管、ネオン管、表示管、水銀灯、蛍光灯などのガス排気や、ゲッターフラッシュ
半導体製造シリコン単結晶の月引上げ、エピタキシャル成長
プラズマ加熱プラズマトーチ、エッチング
ハクリ、脱パンレンズ研磨皿のピッチハクリや金属製冷凍容器(パン)との冷凍食品の分離
樹脂コーティング小型モーター等の絶縁樹脂コーティングやパイプの酸化防止膜コーティング
プラスチックかしめ、ボルトインサート、溶着
プラスチック押出ノズルと成型ダイスや成型金型等の加熱
プラスチック金属材料の熱サイクル試験、教材としての加熱装置
注)KNTB : IGBTトランジスター      KNTM : MOSトランジスター KNTG : 周波数限定タイプ
KNTSM : スーパートランジスター0.5〜2Mz      KNV : 真空管タイプ      

 さらに高周波誘導加熱装置についてご質問がございましたら、当サイトのお問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。 興味を持たれたポイント、質問内容をできるだけ具体的にお書きください。
例:「○○の仕様が知りたい」「××との違いを教えてほしい」など。

お問い合わせフォームへはココをクリックLinkIcon 

性能テスト装置・実験装置の緊急お貸し出し。期間限定で受付中!

 高周波ネッスルでは、導入前提の「テスト試用」や「動作・性能確認」「実験運用」「緊急時の対応」などにおいて、当社の最新鋭高周波誘導加熱装置をより手軽にお使い頂けるよう期間限定での装置お貸し出しを実施いたしております。
 ご希望になられるお客様は、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」等でご相談下さいませ。もちろん当サイトのお申し込みフォームからのお問い合せでも迅速に対応させて頂きます。

お問い合せフォームへ

高周波ネッスル「情報配信会員」鋭意募集中です!

 高周波ネッスルでは、展示会やセミナー情報、さらに最新鋭装置の技術情報など、お得意様との密なコミュニケーションを大切に致しております。当社からの情報発信量は決して多くはございませんが、自社開発装置に関わる技術情報などをお受け取りなられたいお客様は、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」当サイトの「お申し込みフォーム」から『情報配信希望』の旨、お申し出下さいませ。

お問い合せフォームへ

モノ造りサポート・コンサルティング受付・実施中です!

 高周波ネッスルでは、高周波誘導加熱技術や装置を活用されたいお客様の「モノ造りサポート」を受け付けております。
 例えば「装置を導入したいが予算が取れない」、「試作段階の為装置の導入は時期尚だ」、「現時点では設置スペースが無く装置導入は困難」など、様々なファクターでお悩みをお受けして、弊社がその解決策をご呈示いたします。
 対応も量産製品の製作から、小ロット、試作品まで幅広く、ロー付(大気中・雰囲気中・真空中)、ハンダ付け、融着、溶着等、各種用途にも対応いたします。※上記用途以外でも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 ご連絡・お問い合せは、お電話「044-861-5421」およびFAX「044-861-5631」ならびにE-mail「info@hfn.co.jp」当サイトの「お申し込みフォーム」いずれも歓迎致します。

お問い合せフォームへ